2017/10/13

オーベルジュ 別邸 山風木/朝食@宮城県

昨夜は美味しい料理、酒を楽しんだ。

早く起きて部屋の露天風呂に入る。
IMG_0001_201709201053062cc.jpg
ゆっくりと入る。

朝食時間になりダイニングへ向う。
夕食と同じで席は何処でも良いが、昨夜と同じカウンター席に座る。

まずは飲み物を取りに行く。
IMG_0408_201709171751230bc.jpg
朝シャン⇒朝からシャンパンを飲む事。
運転があるので飲めないのが残念!
牛乳とリンゴジュースを持ってくる。

ご飯は蔵王源流米のひとめぼれ、十穀米、卵のお粥の3種から選んで持ってくる。
IMG_0414_20170917175150e2b.jpg

朝食もおばんざいが数種揃っている。
IMG_0413_20170917175149731.jpg

私は白飯、とろろ、温泉玉子、梅干を取ってきた。
IMG_0410_201709171751263e5.jpg
白飯がキラキラして、ほど良い粘りもあって美味しい。
また温泉玉子の黄身が濃くて、これまた美味しい。
温泉玉子は帰りにフロントで売っていたので、自宅にお土産として買って帰った。

蔵王産・新鮮野菜のポトフ
IMG_0411_201709171751452bf.jpg
バター味になっており、これにポン酢を付けて食べる。
バターとポン酢って合うんだね!

焼き物は赤魚の西京焼き
IMG_0412_20170917175147318.jpg
西京焼きは上品な味噌の甘さが最高です。

最後はヨーグルト&コーヒー
IMG_0415_201709171751512aa.jpg


食後は部屋に戻り少しゆっくりさせてもらった。

妻はまたまた部屋の露天風呂に入る。
ちなみに一泊二日で短時間だが6回入浴したようだ。

帰る際は宿の方が最後まで見送ってくれた。
今回も大満足の一泊二日でした!!!
次回はいつ行けるかなぁー(笑)



遠刈田温泉
オーベルジュ 別邸 山風木(やまぶき)
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂21-70
0224-34-2711


2017/10/12

オーベルジュ 別邸 山風木/夕食@宮城県

今回の宿も宮城県の遠刈田温泉に在る、
オーベルジュ 別邸 山風木(やまぶき)にした。

一ヶ月半前に宿の予約状況をネットで見たら、
露天風呂が付いているCタイプの部屋が空いていたのでポチッと予約した。
週末は人気でなかなか予約が取れないのでラッキー!

到着すると宿の方が駐車場まで迎えに来てくれた。

山風木
IMG_0369_20170917175004e9d.jpg

今回はCタイプの「橙」で初めて泊まる部屋なのだ。
IMG_0371_201709171750078d5.jpg

部屋の作りは前回宿泊した「藍」と同じなので、
こちらをクリックしてください。
前回宿泊した「藍」の部屋と館内

妻は部屋に在る露天風呂に入り、私は貸切風呂へ行く。
風呂上りにテラスへ向かいウェルカムドリンクのスパークリングワインをいただく。
IMG_0372_20170917175009c28.jpg

途中で夕食のサービスをしてくれる宿の方から、
「今日も良い酒あるので楽しんでください」と言われた(笑)

ライブラリーで漫画本を借りて部屋で読む。
IMG_0373_20170917175010c41.jpg
私が大好きな新潟に在る久須美酒造がモデルになった「夏子の酒」を借りちゃった。
久しぶりに読んだら面白い!!!
全巻揃えようかなぁー(笑)

夕食の時間まで部屋でゆっくり過ごし18時なったのでダイニングへ向う。

席は決められていないので、早い順で好きな席に座る。
前回も座った冷蔵庫前のカウンター席が空いていたので座る。
IMG_0374.jpg

メニューを渡される。
事前にメイン料理と〆のご飯は数種類から選びメールで連絡している。

こちらでの酒は一部有料もあるが、殆どがフリーで飲めるのだ。
IMG_0375_20170917175013e26.jpg
また、料理に合わせてオススメも別に書いてある。
もちろん、その通り飲む事にしている。

蔵王 彩りの前菜
IMG_0377_20170917175016021.jpg
9種のちょこっと盛りが嬉しい!!!
全部美味しいが特に手前左の無花果グラタンが最高でした。

こちらの前菜に合わせた日本酒は、
黄金澤
IMG_0376_20170917175015cc8.jpg
山廃だが思ったより飲みやすく濃さもある。

あまり食が太くないが折角なので、おばんざいを少し取りに行く。
IMG_0378_20170917175018912.jpg
肉じゃが、揚げナスのおろし合え
約10種類のおばんざいはそれぞれ食べれるだけ取ってこれる。
私たちは料理が食べきれないと勿体無いので少なめにしておいた。

一杯目の日本酒をサッと飲みメニューには載っていないが、
事前にポチッとして飲める限定酒を出してもらう。
IMG_0379_2017091717501958a.jpg
酒米に亀の尾、愛山が使われている。

二品目のスープはキレイな器で出される。
IMG_0380_201709171750212a3.jpg
蓋を開けると、枝豆のすりながし冷製仕立て
IMG_0381_20170917175022d68.jpg
ほど良い甘さがあって旨いです。

このスープには、鳩正宗
IMG_0383_20170917175025cda.jpg

ちなみに妻は芋焼酎のロックをもらう。
IMG_0382_20170917175024a44.jpg

お造り
IMG_0385_20170917175028c40.jpg
白身のハタが美味しかったです。
トロは何処の部位だが解からないが独特の身質だった。

このお造りには、墨廼江を合わせる。
IMG_0386_20170917175030c5a.jpg
この後もいろいと飲むが、今回の中では一番好みの味だった。

妻は麦焼酎をロックでもらう。
麦麦万年
IMG_0384_20170917175027f8c.jpg
フリードリンクに載っていないが、置いてあったのでお願いして出してもらう。
実は香ばしい麦焼酎で、好きな銘柄なのだ。

メインが来る前にお口直しをする。
IMG_0387_20170917175031c96.jpg

メインは妻と別々な物をお願いして分けて食べる事にしていた。
A5ランク仙台牛のフィレステーキ
IMG_0391_201709171751011c2.jpg
本ワサビをたっぷり乗せて食べる。
柔らかいのは勿論だが、味が濃いと思う。

ステーキに合わせた日本酒は、
大沼屋
IMG_0388_20170917175033ef0.jpg

もう一つのメインは、タラバ蟹とホタテの海鮮焼き
IMG_0390_20170917175059cd2.jpg
ホタテには味が付いているのでそのまま食べる。
タラバ蟹は胡麻ソースを付けていただく。

こちらの海鮮焼きには「墨廼江」を合わせると書いてあるが、
さっき飲んだのでフリーメニューに載っていない「愛宕の松」をいただく。
IMG_0392_20170917175102499.jpg

妻は、梅酒ソーダ割りをもらう。
IMG_0393_20170917175104984.jpg
甘めで旨いです。

七ロ万
IMG_0394_20170917175105ebe.jpg
これもフリーメニューに載っていないが飲ませてもらう。

サービスする宿の方がススメテくれました。
冷蔵庫前に座ると、こんな良い事があります(笑)

煮物
IMG_0395_201709171751072a3.jpg
これまたキレイな器で出される。
蓋を開けると!
牛タンの煮物となっていた。
IMG_0396_201709171751082e2.jpg
牛タンの味が濃いです!

この煮物には、洌
IMG_0389_20170917175058ab5.jpg
そう言えば数年前にこの蔵を見学した事がある。

南部美人
IMG_0397_201709171751109a1.jpg
これもメニューに載っていないです(笑)

食事は事前に数種から選んだ、仙台牛希少部位の握り
IMG_0401_201709171751135df.jpg
牛の握りが絶品でした!!!
味噌汁、ナス漬物
IMG_0400_20170917175111a02.jpg

宿の方に「日本酒は全部制覇したね」と言ったら、
もう一種類ありますよと笑顔で出してくれたのは、
奥羽自慢
IMG_0402_20170917175114c39.jpg
少し甘めのにごり酒で旨いです。
これもメニューには載っていない。

これで日本酒は全種類制覇した。

妻は最後のゆず酒をもらう。
IMG_0405_20170917175119fbf.jpg

デザート
IMG_0404_20170917175118290.jpg
蔵王生クリームのコロネ、フルーツ添え
パイ生地に濃厚なクリームが入っている。

飲み物はアイスコーヒーとハーブティーをもらう。
IMG_0406_20170917175120822.jpg

「果物は部屋で食べてください」と手さげ籠を渡される。
また、少し前から部屋で飲めるように日本酒も渡してくれる。
IMG_0407_201709171751228cd.jpg
日本酒は飲めない時は持ち帰って良いらしい。
持ち帰りました(笑)


いつもながら美味しい料理に大満足でした!

部屋に戻ったら眠くてすぐにベットに入り休むのだった。



遠刈田温泉
オーベルジュ 別邸 山風木(やまぶき)
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂21-70
0224-34-2711


2017/10/11

豆食堂ポロッポー@福島市

一泊でお出掛けする。
宿泊はいつもの宿で、途中の福島市でランチを食べてから向う。
最近はこのパターンが多い(笑)

お店は臨時休業の可能性もあるので候補を2店あげている!

第一候補の近くにある駐車場に車を停めて歩いて向う。
開店時間11:30にお店近くに着いたが何処にあるのかわからない。
戻って、よーーーく見ると小さく店名が書いてある。

豆食堂ポロッポー
IMG_0357_201709171749120b5.jpg
店名は右上の黒い板に小さな文字で彫られている。
これはわからないよね!

第一候補にしていたお店に入る。

奥に入り右側のドアを開けると店内になっている。
カウンターの先にはテーブル席もある。
二人用のテーブルに案内される。

メニュー
IMG_0359_2017091717491458d.jpg
土曜日はこちらの3種から選ぶ事になる。

喉が渇いていたので飲み物を先にもらう。
IMG_0360_20170917174915477.jpg
見た目同じだが、左は私が頼んだジャスミン茶、右は妻が頼んだジンジャーエール

ドンドンお客さんが入ってくる。
すでに4人用テーブル2卓、2人用テーブル4卓が全て満席となった!!!

しばらくすると料理が出てきた。
妻は、国産牛すね肉とひよこ豆の赤だしビーフシチュー
IMG_0361_201709171749172ff.jpg
サラダとガーリックトーストが付いてくる。
ビーフシチューは熱々で提供される。
IMG_0362_20170917174918c68.jpg
すね肉とひよこ豆
IMG_0363_201709171749203d0.jpg
赤だしなので和風の味も少しする。
シチューはドロドロで何かの豆でもすりつぶしたのかなぁー?
ガーリックトーストとの相性も良いが、白飯と一緒でも旨いと思う。

私は、アヒポキDon(丼) With ヅケ卵
IMG_0364_20170917174921778.jpg
ハワイ語でアヒ⇒マグロ、ポキ⇒打たくの意味なので、
日本語で言うとマグロたたき丼なのだ。
IMG_0365_201709171749238cf.jpg
マグロたたきの下のは沖縄のイカもご飯の上に乗っている。
上に乗っているヅケ卵が良い味です。
オニオンソースが掛かっているが味は和風です。

汁物は豆乳味でアッサリしている。
IMG_0366_20170917174924344.jpg
具は大根、しめじ、エノキと何かだった。
これは妻がかなり気に入ったようだ。

サラダは大根を薄くスライスして、ブルーチーズのドレッシングと和えてある。
IMG_0367_20170917174926d3d.jpg
ブルーチーズは苦手だが、このドレッシングはクセが無くすごく美味しかったです!


店名にもあるように料理には何かしらの豆が使われている。
また、料理も和の味がして大変に美味しかったです。

客層は私以外は全員女性でした(笑)

夜は酒を飲みながら料理を楽しめるお店のようだ。

福島市にはいろいろな美味しいお店があるので徐々に制覇したいと思っている。



食後は近くで買い物をして時間を調整してから宿に向う。
それでも時間があったので途中のコンビニに寄り美味しそうな甘い物を食べてしまった。
ミニストップ、モンブランソフトクリーム
IMG_0368_20170917174927d4e.jpg
甘めだが、これ旨っ!!!


時間調整をしたのでチェックインの15時ちょうどに宿に到着したのだった。




豆食堂ポロッポー
福島県福島市大町2-2
024-521-8044
定休日:日曜日



2017/10/10

吉田屋@白河市

埼玉県に住む古くからの友人が職場で昇進したと連絡があった。
そのうちお祝いをしようとなったが、急遽白河に来てくれた。

友人が蕎麦を食べたいと言うので「吉田屋」へ行ってみる。

お店に到着するとちょうど料理長が外に出てきた。
「今日は食材が無いのでツマミは無理かも」と言われる。
「簡単な物だったら」と言うのでお願いしてお店に入る。

吉田屋
IMG_0267_20170913073529f83.jpg

酒があまり得意では無い友人は梅酒ソーダ割りをお願いした。
IMG_0268_201709130735301f7.jpg

私は前夜に飲み過ぎてしまい二日酔いなので燗酒からスタートする。
すると、この瓶が出てきた。
どぶろく・スタンダード
IMG_0269_20170913073531421.jpg
燗酒をお願いしたんだが。。。
と思ったら瓶ごと燗にしてくれた!
ドロドロでピリッとしているが、このぬる燗もいけると思う。
にごり酒などを燗酒にしても旨いと思っている。

忘れて飲んでしまったが、一応昇進祝いの乾杯をする。

飲んでいたら数日前に別な飲食店で一緒に飲んだ兄貴が蕎麦を食べにきた。
また、一緒に飲む約束をしちゃった。

イチジクゼリー寄せの酒粕クリーム添え
IMG_0271_20170913073534673.jpg
クリームの甘さが無いのでデザートでは無く、ちゃんとした料理になっている。
前回も食べたが、これ旨いです。
酒粕は有賀醸造の物を使用しております。

自家製かんぴょうとインゲンの和え物
IMG_0272_2017091307353538f.jpg
柔らかくてツルッとした食感のかんぴょうがいいね!
甘さも個人的にはちょうど良い。

お店に入る前に何も無いと言ってたが、これだけでも十分に良いと思う。
(まだまだ料理が出てくるが)
吉田屋が初めての友人も美味しいと喜んでいる。

若旦那が「これ飲んだ事ありますか?」と持ってきたのが、
天蛙
IMG_0274_20170913073538571.jpg
ご存知、新政の新しい酒で発泡の低アルコールとなっている。
少し甘さもあって飲みやすくシュワシュワしているので乾杯酒にピッタリだと思う。

刺身
IMG_0273_20170913073537625.jpg
中トロと鯖寿司
本ワサビをタップリ乗せて食べちゃう。
特に鯖寿司は軽ーーーく〆てあり絶品でした☆

熟成牛タン焼き
IMG_0275_20170913073540d4b.jpg
軽い熟成だが、個人的にはこのくらいの方が好みかも。
岩塩と一味をちょっと付けると旨さが増すような気がする。

マナカツオ幽庵焼き
IMG_0276_20170913073541eb0.jpg
焼き加減がちょうど良くて表面の皮も美味しくて、中の身はフワッとしている。
さすが料理長です。

最後の一杯は「綿屋」の高級酒で〆る。
IMG_0277_20170913073543ecf.jpg
独特の味でなかなか面白い。

ミニもりそば
IMG_0278_2017091307354417f.jpg


料理長は食材が無いと言ってたが十分に美味しいツマミでした。
初めての友人も大変に気に入った様子だった。

今度はちゃんと予約してから行きたいと思う。




そば処 吉田屋
福島県白河市本町北裏7
0248-23-3064
定休日:水曜日


2017/10/09

菜々家@白河市

この日のランチはご飯物が食べたいので、
メガステージ白河に在る「菜々家」へ行く。

菜々家
IMG_0223_2017092914020816b.jpg
11時開店の少し前に着いてしまった。
車内で少し待ち開店時間が近づいたのでお店の入り口に移動した。

入り口の手前に有るメニューを見る。
IMG_0224_20170929140209c83.jpg

開店時間になり店内に入り、
メニューを見ていたのですぐにオーダーする。

まずは前菜バイキングを取りに行く。
IMG_0227_20170929140213bee.jpg
よーく見ると前菜のメニューが上に書いてある。
初めて気付いた!
IMG_0226_20170929140211d4b.jpg
毎回、同じ物を取ってくるような。。。

この日は食べた事の無い「アジフライ定食」をお願いした。
IMG_0228_201709291402142c5.jpg

アジフライは身が厚めで食べ応えがありそうだ。
IMG_0229_201709291402165fe.jpg

前菜を全て食べてから、アジフライの下のキャベツをキレイに食べる。
その後に味噌汁を飲み干す。

ここからメインのアジフライとご飯をいただく。
IMG_0230_20170929140217829.jpg
たっぷりのタルタルソースを乗せる。
ブログで何回も書いているが、
タルタルソースが大好きでもっともっと付けて食べたいほど。

付いているソースでも食べてみる。
ホントは魚系の揚げ物は醤油も好きだが無いので我慢する(笑)

他のお客さんをそっと見ていたら前菜バイキングを何回も取りに行く人がいる。
たくさん食べれる人がうらやましい。


こちらの菜々家はいろいろな定食があるので次回は違う物を食べたいと思う。



菜々家
白河市新高山1-1 メガステージ白河 内
0248-21-9080
無休