2016/08/18

小説之門@白河市

以前からブログにアップしようと思いながら行けていないお店がある。
それは白河市中田に在る「小説之門」でおこわ専門店なのだ。
私は十数年前に数回来ているが、妻は未訪となっていた。

この日、昼食を食べる処に悩み、こんな時こそ「小説之門」へ行ってみる事になった。

小説之門
IMG_0228.jpg
お店の後ろに車を停める。

店内はキレイで風情がある造りになっている。
座敷も有るが、我々は足が楽なテーブル席に座る。

メニュー
IMG_0229.jpg
かにおこわ、くりおこわ、しめじおこわ、赤飯の4種に分かれている。
そこに角煮が付くのは(一)、(二)と(三)は小鉢の内容が変わる物となっている。

おみやげ、一品料理
IMG_0230.jpg

コーヒー&ケーキ
IMG_0232.jpg

おみやげ(おはぎ、おにぎり)
IMG_0233_20160731130623941.jpg

妻と分けて食べる事にして、
私は「(三)かにおこわ定食」をお願いした。
IMG_0238.jpg
おこわと味噌汁の蓋を取ってから写真に撮る。
味噌汁はミョウガ、油揚げ、豆腐の具となっていた。
また小鉢も品の良い味で美味しい!

かにおこわ
IMG_0240.jpg
想像していたよりカニの量が多い!
おこわの味を表現するのは出来ないが、とても美味しい!!!

お茶碗によそったら蓋をして乾くのを防ぐ。
IMG_0239.jpg

妻は「(一)しめじおこわ角煮定食」
IMG_0235_2016073113120008a.jpg
玉子焼も出汁が利いており旨い!!!

しめじおこわ
IMG_0236.jpg
こちらの味付けは醤油となっている。

豚の角煮
IMG_0237.jpg
角煮は甘めの味で箸で切れる柔らかさだ。
これは絶品だと思う。

食後はお茶とデザートが出てきた。
IMG_0241_20160731131308414.jpg
冷たいほうじ茶、チーズケーキ


しめじおこわ、かにおこわの両方を食べ切れないので持ち帰る。
パックも2個持ってきてくれた。

美味しいおこわに妻も大喜びしていた。
また持ち帰りもいろいろとあるので何かの時にはお願いしたいと思う。

大満足でした!!!


小説之門
白河市中田170
0248-27-0974
定休日:木曜日



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

このお店って・・・「氷雪の門」をもじった店名ですよね?

しろめぐらー さん

店名の由来は解かりませんが、多分違うと思います。