2016/06/06

吉田屋@白河市

少し前に新白河駅で「吉田屋」の料理長と偶然にお会いした。
何でも個人での旅行から戻ったところだった。
後日、夜に食事に行くと約束して別れた。

数日後に仕事が終わり一人で吉田屋へ行ってみる。
吉田屋
DSC08118_20160521071423dea.jpg
店内に入り若旦那に確認すると、料理の品数は少ないがツマミメニューも出来るようだ。

まずは、
酒メニュー
DSC08122_20160521071426186.jpg

DSC08121_201605210714256da.jpg
以前より日本酒が増えている。

のどが渇いていたのでグィとソーダ割りを飲もうと思い若旦那に相談する。
するとオススメしてくれたのが、
薫る紅茶酒サワー
DSC08127_20160521071429f8d.jpg
甘めの紅茶にソーダが入っている!
アル度が低いので飲みやすい、しかも美味しい^^
これは新たな発見!!!
個人的にはビールよりも一杯目はこのタイプが良いかも(笑)

お通し
DSC08123_20160521071427bac.jpg
フキとツブ貝の煮物
写真より実物は量が多いので、ツマミにゆっくり食べる^^

早速、日本酒を頼もうと思ったら、
すでに若旦那が飲みたいと思っていた日本酒を準備した!!
豊久仁/純米大吟醸
DSC08132_20160521071638aee.jpg
以前から気になっていた会津坂下町の日本酒で初めて飲む!
ほのかな香り甘さで、ほど良いキレでバランスがとても良い。
さすが金賞を数年続けて受賞している蔵なのだ!

若旦那が何故、この酒を私が飲みたいと判ったのか聞いてみると!
「多分、飲んだ事無いと思ったから」のようだ!!!
さすが酒好きの心理をちゃんと解かっている。

この日は食材が少ないらしく、お任せで3品をお願いした。

大アサリ酒蒸し
DSC08136_201605210716391c3.jpg
これが大きなアサリでしかも汁が美味しい!!!

次の日本酒は、
笹の川/純米吟醸
DSC08146.jpg
郡山市の酒蔵でウィスキーは飲んだ事があるが日本酒はあまり記憶に無い。
少し甘め^^

カツオたたき黒酢ねぎ掛け
DSC08137_20160521071641461.jpg
黒酢の良い香りなので日本料理と言うより中華のようだ。
正面から見ると何だか判らないので逆からアップで写真を撮る。
DSC08142_201605210718124c8.jpg
これがサッパリしていて黒酢とカツオの相性が良い。
ねぎが美味しいので残さずにキレイに食べちゃう^^
旨いです!

次からの日本酒は若旦那に相談する。
美酒の設計/純米吟醸
DSC08154_2016052107181486f.jpg
この銘柄も初だが、雪の茅舎で作っているようだ。
これも好みの味です!

奈良萬/純米吟醸 酒未来
DSC08166_20160521072102216.jpg
酒未来はご存知「十四代」の酒蔵で栽培に成功した酒米なのだ。
ちょっと前に奈良萬で出したのは知っていたが飲むのは初めてなのだ。
奈良萬らしい味!

坊主イカの詰め煮
DSC08160.jpg
イカのたまごが詰めてある。
これも日本酒にピッタリ!

次の酒も若旦那に相談する。
久平次飲み比べ
DSC08171_20160521072103f94.jpg
左は純吟で、他は純大の年代別を飲み比べする。
純大は香りは殆ど同じだが、寝かせた物は角が無く円やかだと思う。

最近、若旦那は九平次にハマッているようだ。
ワインと同じで寝かせると旨くなるので、何本も保管しているらしい^^

ゆきの美人/純米吟醸 雄町
DSC08175_20160521072104d9f.jpg
雄町好きなので若旦那が出してくれた。

さらに若旦那が出してくれたのは、
奈良萬/純米吟醸 中垂れ
DSC08178.jpg
初めて発売されたのが5年前で震災頃だったと思う。


この日は若旦那が選んだ日本酒を飲ませてもらったので、
いろいろと飲めて楽しいひと時だった。

また料理も日本酒にピッタリな物を作ってくれた。

吉田屋の一人酒にも慣れてきたので、次回も近いうちに訪問したいと思う。


この日、帰宅が少し遅くなる妻にお土産を持ち帰る。
天ぷら盛り合わせ(竹)
DSC08187.jpg
美味しいと喜びながらビールのツマミにしていた。



吉田屋
福島県白河市本町北裏7
0248-23-3064
定休日:水曜日



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント