2016/05/20

小判寿司@棚倉町

いつも一緒に飲んでいる治平さん、シマさんと棚倉町に在る「小判寿司」へ行く。
以前から行こうと計画していたが、なかなか機会が無かった^^
お二人は初めての小判寿司のようだ。
特に食べ歩きが好きで酒にも詳しい治平さんは張り切っている!
小判寿司
DSC07910_20160513095543862.jpg

大将にご挨拶して治平さん、シマさんを紹介する。

早速ビールからスタートする。
DSC07914.jpg
陶器のグラスで飲むと美味しく感じる^^

先付はツブ貝煮、ホタルイカのレモンオリーブオイル漬け
DSC07918.jpg
レモンオリーブオイルはサッパリして旨い!

日本酒は治平さんに冷蔵庫を見てもらい選んでもらう。
すると「今宵は日高見にしよう」と治平さんが決めた。
日高見/特別本醸造
DSC07920.jpg
もちろん始めに治平さんに飲んでもらい感想を聞く^^
魚にはピッタリですーーと入りキレがある
このような味は飲み飽きしない
さらに魚の味も引き立てる by治平

カツオ刺身
DSC07928_20160513095549303.jpg
まずは右側の刺身から食べて、次に左の燻製させた物をいただく!
このような技を見せるのも大将の凄いところなのだ。
これには食通の治平さん、大食いのシマさんも納得の旨さなのだ!

蒸し物
DSC07930.jpg
この日は海鮮茶碗蒸し
DSC07932.jpg
タイラ貝、エビ等が入った茶碗蒸しの上にジュンサイ、ウニが乗っている。
小判寿司の蒸し物は毎回、違う物が出てくるので楽しみの一つなのだ☆

次の日本酒ももちろん日高見になる。
日高見/超辛口純米
DSC07939.jpg
純米なので味わいがあるがキレも良い
これもなかなか旨い by治平

いつもの事だが酒器も素敵なのだ!!!

アイナメ刺身
DSC07944.jpg
すだちを絞り塩が振ってあるのでワサビだけを乗せて食べる。
食感が良くこんなにアイナメって美味しかったんだ(笑)

しめサバ
DSC07945_2016051309572633f.jpg
左はしめてすぐのフレッシュな物で、右はしめて4日経った物。
どっちも美味しいが4日経った物は酸味も落ち着いた味わいとなる。

3種目の日高見(純米吟醸/弥助)は握りの時に飲む事にして、
次の日本酒は女将に選んでもらう。
貴/特別純米
DSC07948.jpg
もちろん治平さんに飲んでもらい感想を聞く^^
大将、我々も何と言うのか気になる!!!
日高見と同じようにスーーとしておりキレも良いが後味に若干のクセがある by治平
確かに言われてみると後味に少しクセがあるような。。。
でも旨い酒だと思う。

アワビ蒸し
DSC07954.jpg
柔らかくてシマさんは「人生で一番美味しいアワビ」と言っていた^^

ここで大失態をしてしまった^^
何と写真を撮り忘れた物がある(泣)
甘エビ昆布締めの炙り、赤イカ耳刺身

とっても美味しかったのに!
小判寿司では時々写真を忘れてしまう。
それだけ食べる事に集中しているのだ(笑)

中トロ、トロ刺身
DSC07972_20160513095854ba2.jpg
これも数日寝かせてあるが、大将が言うには「もう少し寝かせるともっと美味しい」
でも素人の私には何ら問題なく美味しいと言うか、かなり美味しいと思う。

このマグロを食べる前に出してくれた日本酒がこれっ!
一歩己/純米
DSC07968.jpg
しっかり味には負けない日本酒 by治平

すると別な部位のマグロも出してくれた。
DSC07978.jpg

さらに一歩己と同じ蔵で醸している特別な大吟醸も出してくれた。
DSC07975.jpg
こちらは平成24年に仕込んだ物で冷蔵庫の奥に保管してあった貴重な酒なのだ^^
治平さんが言うには「角がまったく無く円やかで最高に旨い」と絶賛していた。

さらにマグロの腹の何とかと言う部位を串焼きにしてくれた。
DSC07987_2016051310012445d.jpg
これが脂がのった上質な肉の様でかなり美味しい。
肉好きのシマさんも絶賛していた。
また塩加減も絶妙なのだ!

いろいろと飲み比べさせてもらい、ついでにぐい呑みを写真に撮る^^
DSC07988_20160513100126b94.jpg
女将さん、洗物が多くてすみません^^

次に大将がツマミに合わせて日本酒を準備してくれた。
サケ エロティック
DSC07991.jpg
少し前からブームになっている小布施の日本酒なのだ。
ワインの蔵で作っている日本酒でボトルも変わっている。
これをワイングラスでいただく^^

タコから揚げ
DSC07995.jpg
これは単なるタコではなく桜煮にしてから揚げているので食感が柔らかい。
抜群に美味しいです☆
いつもながら大将の変化球にはビックリさせられる。
サケ エロティックはクセはあるが揚げ物には合うと思う!!!

そろそろ握りを頂く事にして日本酒を出してもらう。
日高見/純米吟醸 弥助
DSC08000_201605131005404b0.jpg
前に飲んだ2種よりもしっかりした味がある。
しかし残る事は無くキレる。
これも旨いね!!!

治平さん、シマさん、そして私の3人が好きな青魚をお願いした。
カスゴ
DSC08006.jpg

コハダ
DSC08013_20160513100543032.jpg

しめサバ棒寿司
DSC08017.jpg
薄い平板昆布が巻かれている⇒かなり美味しいです!

アジ
DSC08025_201605131007141bb.jpg
大きくて美味しい☆

私はここでお腹いっぱいになってしまったが、
ここから大食いシマさんの本領発揮となる(笑)
煮ハマグリ
DSC08031.jpg

ウニ
DSC08036_201605131007168c3.jpg

アナゴ
DSC08041_20160513100718296.jpg

トリ貝
DSC08056_20160513100806c73.jpg

味噌汁はいろいろな魚のアラから取った物でキレイな脂の膜が表面を覆っている!
DSC08049.jpg

最後はデザート代わりのたまご焼き2種で〆る。
DSC08047_2016051310071910f.jpg

〆たと思ったら治平さんがアナゴの握りを追加した。
DSC08057.jpg
治平さんが言うには「今まで食べたアナゴで一番美味しい」
「しかもツメも絶品」と言っていた。


この日は治平さん、シマさんは初の小判寿司だったが大満足だったようだ。
入る前は緊張すると言ってたが、
お店の居心地の良さ、大将と女将の人柄の良さにリラックスして楽しめたようだ。

料理の美味しさにも感動したらしく再訪したいと言っていた。
機会を作り3人で伺いたいと思う。

大将、女将さんお世話になりました!美味しかったです☆☆☆





小判寿司
棚倉町大字棚倉字古町30-2
0247-33-7337
定休日:水曜日



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はあ~♡  以上。

しげ さん

はい!美味しかったです☆