2013/10/05

松島館/朝食@山形県

早く寝たので早く目覚めてしまう。
部屋内の半露天風呂にゆっくり入り朝食の時間になる。
朝食の場所は基本は部屋だが、前夜の夕食時に食事処に変更してもらう。
前夜の夕食とは違う席になる。
DSC03411.jpg

野菜とウィンナーの蒸し物
DSC03415.jpg
このウィンナーが肉汁があふれて旨々!!

朝食セット
DSC03417.jpg
品数、量共に丁度良い。
茄子と油揚げの味噌汁が出汁が利いていて絶品!!

おかずは豪華では無いが一品一品の味付が素晴らしい!
DSC03418.jpg
残す事なく食べ切る

食後は部屋で少しノンビリしてチェックアウトをする。

お土産に「温泉たまご」をいただいた
DSC03451.jpg
新聞で作った手作り袋が素敵だ!!

旅館のご夫婦に見送られて宿を後にした。
さてと安全運転で白河まで戻ろう!!

一泊だけの小旅行だったが気分転換になった!
また宿泊したくなる程、居心地が良く、美味しい旅館だった。

スポンサーサイト
2013/10/04

松島館/夕食@山形県

楽しみにしていた夕食の時間になったので食事処へ行く。
部屋で食べる事も出来るが食事処がキレイなのでこっちを選択する。
DSC03365.jpg

まずは食前酒で乾杯!
DSC03352.jpg
5種類から選べて妻はラ・フランス、私はサクランボにする

メニュー
DSC03362.jpg
こちらの料理の特徴は、
あまり飾り付けは無いが、シンプルで素材の味を大切にしている

サーモンと甘海老のゼリー掛け
DSC03353.jpg
オシャレなカクテルグラスには巨峰ものっていて、
コンソメのゼリーかな?

ここで日本酒メニューを見る
DSC03355.jpg
12種類あり、全て一合から頼める
他には焼酎、ワインも豊富な種類が揃っている
DSC03357_20130923092418411.jpgDSC03356_2013092309241534f.jpg

2年前にも飲んだ「てつ/純米大吟醸」をいただく
これは地元南陽市の「東の麓」で醸している日本酒だ
DSC03358.jpg
DSC03361.jpg
冷たい酒器に入れてくれる
「てつ」は濃いめの好きな味で前回は近くの酒屋で買って帰った!

あけび射込み・牛もも炙り
DSC03364.jpg
あけびの中には「鶏そぼろの味噌味」が射込みされている

新秋刀魚つみれの吸い物
DSC03369.jpg
汁が品の良い味!

盗み吟醸/大吟醸
DSC03372.jpg
香り濃さ程々で食中酒にはピッタリ!

お造り三点盛り合わせ
DSC03378.jpg

妻は地元「須藤ぶどう酒」の甘めワインを一杯飲む
DSC03376.jpg

ここでご飯に火をつけてくれる
DSC03382.jpg

特選山形牛 ステーキ
DSC03385.jpg
ワサビ、大根おろし、岩塩の薬味が3種となっている
焼き方はミディアムでお願いした。
DSC03386.jpg
焼き具合がわかるように断面を写真に撮る
全ての薬味で食べたが個人的には岩塩が一番好みだった。

さらに日本酒を追加する
裏・雅山流 月華/純米大吟醸
DSC03390.jpg
この雅山流も香り濃さも程々で食中酒にピッタリ!

地元野菜の漬物
DSC03393.jpg
茄子がやわらかい

秋鮭はらこめし
DSC03395.jpg
最後にイクラをのせていただく⇒絶品
まだまだ残っていたが茶碗一杯で、もう食べれない!

渡り蟹の味噌汁
DSC03399.jpg

季節のフルーツワインゼリー
DSC03401.jpg
メロン、桃、ラ・フランス、ぶどうの4種が入っていた

こちらの料理のメインメニューは「特選山形牛」だが、追加料金で米沢牛に変更出来る。
でも特選山形牛でも十分に美味しい。
また予約の際にステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きから選択出来る。
前回はしゃぶしゃぶを食べたので、残るはすき焼きだけとなる!

食後は食事処にあるバーに移動して焼酎を飲む事に!
DSC03409.jpg
有名な焼酎が揃っており、時々は郡山の泉屋に仕入れにいかれるようだ。

私は、萬膳/水割り
DSC03405.jpg

妻は、一粒の麦/水割り
DSC03406.jpg

旅館の方と酒談義に花が咲く!
古殿町豊国酒造の「一歩己」を醸している若旦那も宿泊に来られたようだ!

旅館のスタッフも皆さん若くて対応も良く大満足の夕食だった。
部屋に戻り早い時間だが布団に入るのだった。

2013/10/03

松島館/館内@山形県

福島市から国道13号線で山形県南陽市の赤湯温泉に向かう。
旅館は「松島館」で2年ぶりの訪問となる。
こちらの旅館は9室だけの小さな宿だが料理、酒が美味しい。
建物も新しくて気持ちが良い!
また、スタッフも皆さん若い!

到着すると宿の方が出迎えてくださる。
DSC03304.jpg

フロントでチェックインをする
DSC03308.jpg
ウェルカムジュースとしてぶどうジュースをいただく。
南陽市はぶどうの産地でワイナリーも数軒あるようだ。

部屋は半露天風呂付きの「市」にした
DSC03317.jpg
これで何時でも他人を気にしないで温泉に入れる!!
部屋内にテーブルがあり、要望で夕食、朝食はこちらで食べれる
DSC03309.jpg
小さなキッチンにはコーヒーメーカーが置いてありフリーで飲める
DSC03346.jpg
座敷
DSC03310.jpg
この部屋に布団を敷いてくれる

この旅館では貸切風呂が3カ所ある。
時間の予約は無しで入りたい時に、空いていれば入れるシステムになっている。
「空いてます」で入り
DSC03323.jpg
入る時は裏返しにして「入浴中」にする
DSC03324.jpg
貸切風呂①温(ぬくもり)
DSC03321.jpg
貸切風呂②露天風呂 洵(じゅん)
DSC03344.jpg
貸切風呂③とちり屋
DSC03333.jpg

貸切風呂の近くには休憩室もある
DSC03338.jpg

また図書室もある
DSC03420.jpg

入浴後は部屋で少し横になり夕食の時間になる!!
どーれ飲んで食べるぞーー!!
2013/07/31

東光、成ル、江戸久@山形県

山を越えて米沢に着く。
早速、目的の「東光」の酒蔵を見学に行く。DSC01683.jpg

中は歴史を感じる造りとなっている
DSC01684.jpg

皇太子ご夫妻も来られたようだ。
DSC01689.jpg

搾り
DSC01688.jpg

同僚の二人が東光のハッピを着て記念撮影!!
DSC01693.jpg

無料試飲
DSC01697.jpg

有料試飲
DSC01698.jpg

果実酒の無料試飲
DSC01699.jpg

ここでもタップリ試飲させてもらう

上杉城史苑で土産物を見るついでに、米沢牛コロッケを食べる!!
DSC01705.jpg
DSC01704.jpg

ホテルにチェックインしてから楽しみにしていた夕食へ
この日に選んだのは米沢駅近くの「成ル」へ入る
DSC01708.jpg
成ルは、上杉鷹山公の「なせば成る 為さねば成らぬ 何事も」を店名にしているようだ

こちらは日本酒の種類が多く揃っており、米沢牛も食べられるお店だ

まずはビールで乾杯!!
DSC01717.jpg

メニュー
DSC01710.jpg
他にもメニューがある

酒メニュー
DSC01712.jpg
DSC01715.jpg

お通しは漬物
DSC01721_20130715181207.jpg

米沢牛スジ煮込み
DSC01722.jpg
この汁がアッサリでコクがあり絶品☆☆☆

ホルモンすき焼き
DSC01724.jpg
出来上がったら生玉子を付けて食べる

天元豚タン
DSC01725.jpg

天元豚コブクロ
DSC01727.jpg

天元豚ガツ
DSC01728.jpg

米沢牛
DSC01731.jpg
さすがに旨いね!!

今までは1合の酒を色々と飲んでいたが、300mlの冷酒をもらう
DSC01733.jpg

店内カウンターがメインだが、座敷は2座卓あり10名は座れる
DSC01736.jpg

会計を済ませて駅まで歩く


駅に着くと、何か変な雰囲気だ!!
黒塗りの車が数台停まる
中からは「安倍総理」が降りてきた。急だったが、どうにか写真が撮れた!
DSC01740.jpg
何人ものSPに守られている。
ビックリ!

もう一軒、人気の居酒屋に入ったが日本酒、料理共にイマイチなので写真は撮っていない。

4人はさらに夜遊びに行くらしい。
私ともう一人はホテルに戻る事にして歩くと、気になる看板を見つける
DSC01744.jpg
餃子の「江戸久」に入ってみる

メニュー
DSC01746.jpg

日本酒と餃子をお願いする。

奥には座敷もあり、持ち帰りで買いに来る人も多い
店員さんは小さなお店だが、職人さん3人と女性1人の計4人で切り盛りしている。

日本酒は米沢の地酒「東光」
DSC01750.jpg

漬物
DSC01749.jpg

餃子
DSC01751.jpg
小ぶりだが10個あり、優しい味で何個でも食べれそうな美味しさだ!
大満足でホテルに戻る

この日は3軒廻りお腹がいっぱいになる。
昼から日本酒を飲んでいたので、何となく疲れてしまった。
何と言っても、最後に食べた餃子が美味しくてビックリだった。